メレンゲが出来たら、卵黄の生地と合わせていきます!
(ここでオーブンを180℃で予熱しておいてください!)

しかしここでまたもや難問が発生!!

メレンゲはふわふわしています
卵黄生地はもったりしています。

これをそのまま一気に混ぜるのは、とても混ぜにくいものです。

重い生地の中で、軽い生地がぷかぷかしてしまい
混ぜても混ぜても、ぷかぷかが浮いている・・・

ぷかぷかが無くなったころには、生地全体の泡も消えてしまい液体化
液状化した生地は焼き上げにも時間がかかり、硬い生地になってしまいます。
それでは巻くこともできませんからね!

ではどうしたらよいか?ということですが

もったり生地(卵黄)にふわふわ生地(メレンゲ・卵白)を少量加えて
もったり⇒ややもったりにし、少しでもふわふわに近づけるのです。
そうすれば混ぜやすくなります。

このことを

比重を合わせる・近づける

と言います。

では実践!!

メレンゲの20%量を卵黄生地に加えます。

そしてよく混ぜるのですが、混ぜすぎて液体になってしまっては意味がないので
最低限の回数でしっかり混ぜます。

こんな感じで、少しふわっとした状態で止めます。

その生地をメレンゲに戻します。

そのままホイッパーで混ぜていきます。

混ぜ方はこちらを見て下さい

混ぜ終わりはこんな感じ

このくらいふわっとした状態が理想です。
水っぽいときは混ぜすぎです。
むやみに混ぜるのではなく、生地の状態を確認しながら混ぜてみて下さい。

もしべちゃっとしてきたら、多少メレンゲのぷかぷかが残っていても気にせず
急いで型に流してすぐに焼いてください。

カードで均します。
(もっとも生地が液状化していたら、均す必要もなくひろがるので、そのまますぐ焼きます)

 

まずは斜めに生地を広げます。(赤矢印1234)
次に縦横に伸ばします(青矢印5678)

あとは厚さをそろえるように均します。

ここでも初心者さんが陥りやすい罠があります

今回はこちらの焼き目は仕上がりに関係ありませんので
むやみやたらときれいに均す必要はありません!!

 

きれいにならす事にこだわりたい気持ち はわかります!!

よーくわかりますけど、カードで均すたびに生地は死んでいきます
泡がどんどん消えてしまうということです。

それでは本末転倒。
ささっと均して大体できていれば、オーブンに入れたほうがよいです!

180℃に予熱したオーブンで12分を目安に焼きます。

焼き上がりの目安ですが
表面を触ってみて、触った指の跡が残らなければ焼き上がり。です。

どうですか?ふんわりとした生地はできたでしょうか??

次回は巻きと仕上げです。
この記事がお役に立ちましたらぽちっとお願いいたします!

手作りお菓子ランキング
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ
にほんブログ村