このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼラチン・寒天・アガーについて細かく書きましたが
結局どうなのよ??
ということなのでまとめてみます!

ゼラチン
詳細はこちら

○ 口どけが良い 凝固温度が低いので泡立てた生クリームに混ぜやすい
× 夏は溶けやすい 離水しやすい アレルギー体質には要注意

使用例:ムースなどの洋菓子

寒天
詳細はこちら

○ ほろりとした食感 夏でも溶けない(常温で固まる)
× 食感が硬い。下準備が面倒 離水しやすい

使用例:羊羹やみつ豆のカンテンなど、形が崩れると困るお菓子や硬めの食感にしたいお菓子に使う。

アガー
詳細はこちら

○ 離水しにくい 夏でも溶けない(常温で固まる) 寒天ほど硬くない
× ゼラチンのような口どけはない。

使用例:離水させたくないゼリー(ゼリーでケーキの飾りをつくるのに最適!)
ケーキに艶を出したりフルーツを固定させるためのナパージュ替わり

 

こちらのデザートは
下のムースはゼラチン
上のキラキラはアガーで作ってます

形が崩れず、水っぽくならず、しかもゼラチンのゼリーに近いやわらかさ
になりました。

真夏のお持ち帰りにも、溶けずにキューブ状態をキープできます。
とても良い使用例ですね!

これから夏本番!さわやかデザートづくりのご参考になさってくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事がお役に立ちましたらぽちっとお願いいたします!

お菓子教室ランキング
こちらもお願いします↓↓
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
★製菓の質問にはお答えできません↓ご了承ください