思い通りの生クリームの濃度の調整方法は意外と簡単なんです。

 

実は!水を加えればよいのです。(前は牛乳でご紹介しましたが、計算が煩雑なので)

 

★例えば45%200mlを38%にしたい場合

水はAとして(xエックス使うと掛け算と間違えやすいので)

200×0.45=(200+A)×0.38
A≒37

(45%の生クリームの脂肪分量)=(水を加えた全体量)×(38%にしたい)

というわけで37ml加えればよいです。

 

この方法は、たとえば
35パーセントの生クリームが250g必要なレシピがあって
たった50gのためにもう一つ買うのがイヤだ!
というときにも使えます。

200×0.45=(200+A)×0.35
A≒57

45%1パック買ってきて水を57ml加えます。

 

ただし!!ちょっと問題があります!!

水を加えるのはムースなどに使うときだけにしてください。

日本の生クリームは離水しやすいので、絞りやナッペにこの方法の生クリーム使うと
崩れてしまいます。

前回お伝えした生クリームどうしを合わせる方法をとったほうが安全です。

 

お菓子作りに数学が必要だったなんて!
意外でしたね~

 


この記事がお役に立ちましたらぽちっとお願いいたします!

お菓子教室ランキング
こちらもお願いします↓↓
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
★製菓の質問にはお答えできません↓ご了承ください