スーパーの生クリーム売り場では
いろんな濃度の生クリームが売ってますが使い分け方をご存知ですか??

 

中には生クリームもどきがあるので気をつけてくださいね!!
表示に「 生クリーム使用」と書いてあるのは添加物が入ってます。

味は落ちるのですが、絞りの線は綺麗に出ますので
デコレーションやナッペ重視の場合に使うなど、使い分けをしましょう。

 

もちろん、ムースなどには純生クリームを使いましょう!

さて、一般的にスーパーで見かけるのは

タカナシ乳業の35% 47%や中沢の36% 45%ですね。


ときどきタカナシで42%があったりします。(緑のパッケージ )

 

数字は脂肪分を意味します。数字が高いほど濃いので泡立ちが早いのですが、ずっしり重い味わいになります。

 

40%台はお料理やしっかりめ(硬め)に仕上げたいお菓子(マルジョレーヌなど)、カスタードと合わせてクレームレジェールを作る時などに使います。

 

チョコレートのガナッシュや軽めのムース、クリームパスタなどには35%前後のものを使用します。

 

 

ではショートケーキの生クリームには何パーセントの生クリームが美味しく感じると思いますか??

答えは38%なんです!

 

そんなの売ってないよ~!!はいそうですね。でも業務用にはあるんです。38%が!


富澤商店↑でも買えますが、1リットルパックです・・・

 

でも実は、自分で簡単に38%を作ることが出来るんです!

 

なんと35%と42%を1:1で混ぜればほぼ38%になるんです!
量は二倍になってしまうのですが、1リットルよりはいいですよね。

 

とはいえ、42%ってなかなか見つけられないので
(なぜか教室の近くのスーパーにはあります)

 

36%を1パック(200ml)+45%を57ml(中沢で揃えてみた)

で混ぜると約38%になります。余った45%はお料理にでもお使いください。

 

次回はこの計算の仕方と注意点についてお伝えいたします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事がお役に立ちましたらぽちっとお願いいたします!

お菓子教室ランキング
こちらもお願いします↓↓
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
★製菓の質問にはお答えできません↓ご了承ください